フィルム種類

窓ガラスフィルムの特徴

 窓ガラスフィルムは現状で施工されている(以下:既存ガラス)窓ガラスの足りない機能を補う役目があります。
 既存窓ガラスでの『部屋が暑い・寒い』『割れたら・・』『防犯が・・』『人目が・・』『日差しが‥』と様々な問題があると思います。新築・アパート・店舗・施設などは使用目的や周辺環境が変化するごとに既存ガラスを取り換えしなければ対応できないという欠点があります。
それを補うのがガラスフィルムフィルムです。窓ガラスを目的に合ったものに変えるとかなり高額になりますがフィルムなら安価に変更でき使用者に合った好みに短時間で変更できます。

サンプルフィルム貼り付け確認
サンプルフィルム貼り付け確認

飛散防止とUVカットはほぼすべてのフィルムに標準でついている機能ですあとは透明度・色・防犯・遮熱・断熱・デザインをプラスしてお好みのフィルムを選定し施工するだけです。フィルムは素人でも貼り付けはできますが材質が繊細でしわやエアー残り耐久性の低下を招き何度も材料を貼りなおしてかなりのコストがかかりますので職人施工をおすすめします。

 

ガラスフィルムの構造
フィルムの構造

フィルムの構造は多重構造になっており各層で特有の機能を発揮します。
各フィルムによって層の構造・機能が異なります。