幼稚園・保育園・児童施設のガラスフィルム施工

幼稚園・保育園・児童施設の方へ

 小さなお子さんを預かている幼稚園・保育園・児童施設には飛散防止フィルムは必須だと思っています。
 気を付けていても子供は大人の思考とは違い突発的な行動をとりやすいかと思います。出入り口や窓にはガラスが使用されており物がぶつかったり衝突などですぐに割れてしまいます。割れたガラスは鋭利な凶器となって飛散し大事故になる可能性は大です。
 中には一生の傷や障害・それ以上に悲惨な結果も数多く報告され中には裁判になるケースもあります。このような事態を防ぐためにも飛散防止フィルムの貼り付けをおすすめします。

ガラス割れは危険です
ガラス割れは危険です

飛散防止フィルム

 飛散防止・UVカット機能は窓ガラスフィルムにはほぼ標準でついている機能でプラスして目隠し・遮熱・断熱・防犯などの機能が付いたフィルムもあります。災害対策にお勧めです

次の動画はメーカーで作成したものですのでご覧ください。
見ていただければわかるようにガラスが割れても飛散せず貼り付けのみで安全を確保できているのがわかります。台風時期に養生テープでの簡易補強法がありますがほんの気休め程度でほぼ飛散に関しては効き目はなく年中貼りっぱなしとはいきません。
 小学校・中学校は災害対策も併せて逐次施工しています。 

3M飛散防止衝突実験
地震揺れ割れ実験

強化ガラスも安心できません

強化ガラスも割れます

強化ガラスと聞けば『割れない』とお思いの方が大半だと思います。確かに強化ガラスは普通ガラスの強度の5倍程度ありますがこれは面圧強度であり点圧にはかなり弱いものとなっています。
 尖ったものが衝突した場合は粉々になり飛散し破片は鋭利ではありませんが高所からの落下によってケガをするリスクが大きくなり割れた窓からの落下も考えられ安心できません。
 飛散防止フィルムを貼ると高所からのガラス・物・人の落下が抑えられ大変安全性が向上します。